大田市大森銀山(鉱山町 島根) おおだし おおもりぎんざん(こうざんちょう しまね)

その他の画像全5枚中5枚表示

その他 / 島根県 


石見銀山は14世紀初期に発見されたと伝える。17世紀初頭に産銀量はピークをむかえ、海外にも輸出された。保存地区は約2.8キロメートルの細長い地域で、江戸幕府直轄地石見銀山領約4万8千石、約150ヵ村の中心の町であった。武家屋敷は道に面して門・塀・庭を配した後ろに主屋が建ち、郷宿などの町家は道に面して主屋が建ち、変化に富んだ町並景観を形成している。

関連リンク

大田市大森銀山(鉱山町 島根)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大田市大森銀山
大田市温泉津
津和野町津和野
矢掛町矢掛宿
温泉津町温泉津(港町・温泉町 島根)
ページトップへ