徳川家康自筆尾州年貢皆済状 とくがわいえやすじひつびしゅうねんぐかいさいじょう

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期/慶長十六年(1611)正月吉日付
紙本墨書
縦31.5cm 横46.7cm
1通
寺西藤左衛門(昌吉)宛

尾張国の慶長14年(酉年)分の年貢が、雑税も含め皆済されたことを家康が確認した文書で、自筆であることから署名・花押・印判がない。尾張藩主には当時すでに家康の九男義直があったが、幼少のため、家康が直接尾張の政務を執っていた。宛名の寺西藤左衛門は尾張国奉行。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川家康自筆尾州年貢皆済状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川家康書状 将くん(秀忠)宛
苅田蒔絵小鼓
慶長九年閏八月二十四日付前田利長知行宛行状(宛所不明)
徳川家康の金子請取覚書
徳川家康書状
ページトップへ