環状注口土器 かんじょうちゅうこうどき

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 縄文 / 岩手県 

岩手県一ノ戸
縄文
1箇
山形県鶴岡市
指定:1962(昭和33).3.4
致道博物館
山形県有形文化財

 後期の縄文土器、容器の主体部を水平な環状(ドーナツ形)に作り、その一端にロート状の注入大口を設け、これと対称の位置に小さな注出口を付けた痕跡がある。環状の下に低い台脚(高さ1㎝)が付く。注出口は、早く欠失したらしい。注入大口は、四つの突角を備えていたが、今はその二つが破損している。高さは、注入大口の最高部突端で15㎝。江戸時代に岩手県一ノ戸で出土したものだが、明治時代に当地の犬塚、羽柴、松森氏などの愛好研究家の手を転々とし、現所有者のものとなった。ユニークで洗練された形と流麗な文様、精巧な作りで、類例が少ない土器である。

作品所在地の地図

関連リンク

環状注口土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

人形装飾付異形注口土器
酒井氏庭園
彩漆土器/山形県押出遺跡出土
土偶
深鉢形土器
ページトップへ