大友宗麟書状 おおともそうりんしょじょう

文書・書籍 / 室町 / 大分県 

戦国時代/永禄12年(1569)
縦12.9×横49.8㎝
1幅

永禄12(1569)年8月7日の立花城表遠天原(おてばる―現福岡市東区浜男付近)での戦いにおける、板井左京入道の働きに対する豊後国主大友宗麟の感状。本書状は、戸次鑑連の加勢として田北紹鉄(鑑重)・鎮周親子より差遣わされ、上記戦いで板井左京入道の被官一人が疵を負うほどの奮戦を行ったことに対して同年8月16日に出されている。

作品所在地の地図

関連リンク

大友宗麟書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友宗麟書状
大友吉統感状
大友吉統感状

大友 吉統

大友義統感状(大津留安芸入道宛)
大友円斎(宗麟)書状(吉岡越中入道宛)
大友宗麟書状(狹間田淡路守宛)
ページトップへ