ユリオケ(汰桶) ゆりおけ

民俗  有形民俗文化財 / 日本 

径49 高さ12.2
員数1
南郷村

籾すりをした後、前後にゆり動かして、籾と玄米を選別する農具です。『会津農書』(1684年)によると延宝の頃(1680年代)に使われ、のちユリイタ(汰板)に変わったといわれています。会津地方の一部では、昭和初期ごろまで使用されてきました。また、名月などに餅や穀物など供物を入れてまつる風習が南郷村などで現在も行われています。

作品所在地の地図

関連リンク

ユリオケ(汰桶)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

センダイ
ハントウミ(半唐箕)
会津の製蝋用具及び蝋釜屋
会津只見の生産用具と仕事着コレクション
下野街道
ページトップへ