センダイ せんだい

民俗  有形民俗文化財 / 江戸 / 日本 

文政13年
幅62 長さ94 高さ13.5
員数1
昭和村

一般にはユリイタ(汰板)とよばれるもので、17世紀半ばすぎから会津地方で使用されました。籾と玄米とを揺り動かして選別するもので、万石が使われる明治時代初期ごろまで使われてきました。文政13年の墨書があります。

作品所在地の地図

関連リンク

センダイチェックした作品をもとに関連する作品を探す

ユリオケ(汰桶)
ハントウミ(半唐箕)
会津の製蝋用具及び蝋釜屋
天神沢遺跡出土石庖丁
下野街道
ページトップへ