ハントウミ(半唐箕) はんとうみ

民俗  有形民俗文化財 / 昭和以降 / 日本 

昭和2年(1927年)
横120 高さ120.5 奥行き43.5
員数1
会津若松市

唐箕は風力を利用して、チリと穀物を選別する農具です。わが国では江戸時代初めごろ中国より伝来したものと思われます。『会津農書』(1684年)には唐箕使用の記録があり、会津地方で使用されていたことがわかります。半唐箕は、選別された穀物が真下に落下するもので、会津地方独特の形態で、唐箕の古い形態とみられています。なお、この唐箕には昭和2年の墨書があります。

作品所在地の地図

関連リンク

ハントウミ(半唐箕)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ユリオケ(汰桶)
唐箕
センダイ
下野街道
雪上車による運送(奥会津地方)
ページトップへ