比婆の荒神神楽 ひばのこうじんかぐら

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:19711111
保護団体名:比婆神代神楽社
備考:比婆荒神神楽 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、広島県比婆郡東城町に伝承される出雲流採物神楽の一種で、さらに荒神信仰の芸能要素を含んだ組織の大きい神楽である。
 芸能は四日四晩にわたって、七座の神事・土公神遊び・能舞・灰神楽などが民間の神楽社中と神職共同で奉仕される。
 能舞は、この神楽の本舞で、「岩戸開」「大社」などのほか、この地独特の「吉備津彦」「大仙能」など合わせて十数曲をもち、また最終日夜の灰神楽(へっつい遊び)では、「手草」「土公祭文」「宝廻し」「餅取り」「恵比須の船遊び」の五段が演じられる。
 神楽芸として地方的特色が著しく、また、灰神楽などの特殊次第をもつ点、芸能史的にも貴重である。公開十月初旬から十二月下旬。

関連リンク

比婆の荒神神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

比婆荒神神楽
高千穂神楽
槻の屋神楽
佐陀神能
中江の岩戸神楽
ページトップへ