比婆荒神神楽 ひばこうじんかぐら

無形民俗文化財 / 中国・四国 

広島県
指定年月日:19790203
保護団体名:比婆荒神神楽保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 荒神信仰による採物神楽の一種であり、かつては四日四晩にわたって行なわれたが、今日では二日一晩の行事のことが多い。
 この荒神神楽を演じる場合は、もとは田の中などに高殿【こうどの】を仮設し、それを主舞所としたが、今日では高殿のかわりに神社の拝殿や民家を用いることもある。祭りの中心を担う大当屋(頭屋)に荒神を迎え、土公神や荒神関係の祭りを行い、その後高殿に移り、「七座神事」、「神能」(大蛇退治・岩戸開・大社・荒神・日本武など)をはじめ五行舞、神懸りと託宣、竜押し、荒神の送り返しなどを執り行なう。
 採物神楽の一つとして地方的特色が顕著で重要なものである。(本号目次カット参照)

作品所在地の地図

関連リンク

比婆荒神神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

比婆の荒神神楽
大元神楽
備中神楽
備中神楽
米良神楽
ページトップへ