アジア図 あじあず

絵図・地図 / 安土・桃山 / ヨーロッパ 

アブラハム・オルテリウス
桃山時代/1570年
銅版着色
縦45.3×横57.0㎝
1枚

アントワープ生まれの地図製作者オルテリウスが1570年に出版した世界地図帳『世界の舞台』に所収された中近東から極東の日本までアジア全域を描く地図。日本の形は細長い大小の島と南に連なる島々で構成される。細長い島の小さい方には「TONSA」とあり、土佐=四国らしい。一方、大きい島の南端に豊後、南の小島に鹿児島の表記があり、両者が本来同一の島にあるとの認識はない。

作品所在地の地図

関連リンク

アジア図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東インド諸島図
東インド諸島図

アブラハム・オルテリウス

タルタリア図
タルタリア図

アブラハム・オルテリウス

日本図
日本図

ティセラ

プトレマイオス地図帳
プトレマイオス地図帳

シルバヌス編

世界の舞台
世界の舞台

A.オルテリウス

ページトップへ