東インド諸島図 ひがしいんどしょとうず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵図・地図 / 安土・桃山 / ヨーロッパ 

アブラハム・オルテリウス
桃山時代/1570年
銅版着色
縦47.7×横55.3㎝
1枚

アントワープ生まれの地図製作者オルテリウスが1570年に出版した世界地図帳『世界の舞台』に所収されたインド・東南アジア・中国、そして日本を描く地図。日本はいびつな円形の島と南に連なる小さな島々からなる。ザビエルの初上陸地として有名であった鹿児島が円形島の南端にあり、九州が独立島との認識もない。

作品所在地の地図

関連リンク

東インド諸島図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

アジア図
アジア図

アブラハム・オルテリウス

タルタリア図
タルタリア図

アブラハム・オルテリウス

日本図
日本図

ティセラ

世界の舞台
世界の舞台

A.オルテリウス

中国図
中国図

ホドカス・ホンディウス作

ページトップへ