久恒家住宅正門 ひさつねけじゅうたくせいもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 九州 

大分県
大正/1924
木造、瓦葺、間口3.0m、北側煉瓦塀附属
1棟
大分県中津市大字上宮永3-1
登録年月日:20010828
登録有形文化財(建造物)

久恒家は中津市の南郊に所在する邸宅である。ほぼ正方形敷地の東面にある正門は1間1戸の棟門で,背面に控柱を設け,両脇に通用口が付き,左右に煉瓦塀が延びる。軒は疎垂木・木舞打,桟瓦葺屋根をあげる。良質の欅材を使った豪壮なつくりである。

作品所在地の地図

関連リンク

久恒家住宅正門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久恒家住宅裏門
久恒家住宅長屋門
久恒家住宅北塀
久恒家住宅居住棟
久恒家住宅物置
ページトップへ