久恒家住宅居住棟 ひさつねけじゅうたくきょじゅうとう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 九州 

大分県
大正/1924
木造平屋建、瓦葺、建築面積211㎡
1棟
大分県中津市大字上宮永3-1
登録年月日:20010828
登録有形文化財(建造物)

久恒家は炭鉱経営に成功し,後に貴族院議員となった久恒貞雄氏が建設した。居住棟は屋敷北東よりに建ち,南北棟,入母屋造・桟瓦葺で,四周に下屋を廻す。北側に玄関,南側には銘木を用いた床・付書院をもつ座敷を配する。細部は近代的な造形で纏めている。

作品所在地の地図

関連リンク

久恒家住宅居住棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久恒家住宅オンドル部屋
久恒家住宅長屋門
久恒家住宅客間棟
久恒家住宅奥座敷
久恒家住宅東蔵
ページトップへ