久恒家住宅奥座敷 ひさつねけじゅうたくおくざしき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 九州 

大分県
大正/1924
木造平屋建、瓦一部銅板葺、建築面積190㎡
1棟
大分県中津市大字上宮永3-1
登録年月日:20010828
登録有形文化財(建造物)

奥座敷の西側に建つ。平屋建で,東西棟の入母屋造の屋根を高く架け,西面には一段低く入母屋造屋根を設け,北側にも入母屋造の角屋が延びる。客間棟や奥座敷とともに京都の宮大工が手がけたと伝え,近代の書院造として洗練された質の高さが随所に伺える。

作品所在地の地図

関連リンク

久恒家住宅奥座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久恒家住宅客間棟
久恒家住宅居住棟
久恒家住宅西蔵
久恒家住宅長屋門
久恒家住宅物置
ページトップへ