山県有朋和歌書 やまがたありともわかしょ

 / 大正 / 京都府 

山県有朋 (1838~1922)
やまがたありとも
京都府
大正4年11月頃/1915年
墨書・色紙
縦27.2、横20.3(cm)
1枚
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

山県有朋が和歌をしたためた色紙。資料によれば、山県は大正4年(1915)11月10日、京都紫宸殿において挙行された大正天皇の即位大典に参列した。しかし、同月14日に行われた大嘗祭には、老齢の山県を気遣った天皇より参列を制止された。山県はこのことに深く感謝し、京都にあった別邸の無隣庵において心身を清め、羽織袴をまとい、一晩中皇居に向かって端座したまま暁に及んだという。この和歌は、その際の所懐を詠んだもので、山県の歌集『椿山集』にも「大嘗祭に歌よみて奉れと仰言ありければ」と題して「神と君と誠のかよふ時ならし更渡りゆく大嘗祭」という歌が収録されている。

作品所在地の地図

関連リンク

山県有朋和歌書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山県有朋書簡
山県有朋書簡

山県有朋

太華山県先生に与へて講孟箚記の評を乞ふ書
井上馨書簡
井上馨書簡

井上馨

西郷隆盛首実検之図
太刀 銘 来国光
ページトップへ