覚王寺本堂 かくおうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸/1814
木造平屋建、瓦葺、建築面積354㎡
1棟
愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字南屋敷135
登録年月日:20050712
宗教法人覚王寺
登録有形文化財(建造物)

ほぼ南面して建つ入母屋造,桟瓦葺,方丈形式の本堂。正面に広縁を設けた6間取平面で,室中と上間・下間は境を竹の節欄間として格天井を連続させ,上奥間の2室構成やつし2階は独特である。装飾は控えているが,たちの高い外観は江戸後期の造形とみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

覚王寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

覚王寺大日堂
極楽寺本堂
福田寺本堂
徳授寺本堂
覚王寺庫裏
ページトップへ