粟飯原家住宅(徳島県名西郡神山町) あいはらけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

徳島県
江戸中期/1710
桁行21.0m、梁間9.5m、寄棟造、鉄板葺、四面庇付、桟瓦葺、
背面突出部 桁行0.8m、梁間3.8m、切妻造、桟瓦葺
1棟
徳島県名西郡神山町下分字栗生野125番地
重文指定年月日:19760520
国宝指定年月日:
重要文化財

粟飯原家は鮎喰川上流左岸の山裾に建つ農家で、屋敷地は広く、前面に石垣を築く。平面は六間取りで、建築年代は棟札により、宝永七年であることがわかる。この住宅はこの地方における六間取りの平面をもつ最古の家で質もよい。

作品所在地の地図

関連リンク

粟飯原家住宅(徳島県名西郡神山町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田中家住宅(徳島県勝浦郡上勝町)
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 主屋
旧長岡家住宅(徳島県美馬郡脇町)
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 表門
武知家住宅(徳島県名西郡石井町) 主屋
ページトップへ