Kemponchakushokushoshohakeizu

絹本著色瀟湘八景図〈横山大観筆/〉

Details

Kemponchakushokushoshohakeizu

絹本著色瀟湘八景図〈横山大観筆/〉

絵画 / 大正 / 関東

横山大観

東京都

大正/1912

8幅

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19720530
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

 横山大観(一八六八/明治元一九五八/昭和三三)は、岡倉天心の指導の下に日本美術院の創立に参加し、以後菱田春草らとともに新日本画の開拓につとめ、文展開設に際しては審査委員として活躍したが、その主張を貫き、ついに脱退、大正三年には日本美術院を再興して自らその主導者となり、九十歳の生涯を終わるまで近代絵画史上に幾多の名作をのこした。
 本図は、大正元年(一九一二)第六回文展に出品されたもので、中国旅行より帰った直後の成果であり、古来親しまれた東洋画の主題にいどみつつ、その伝統に対し大観独自の新解釈を示した記念的作品である。

Related Works

Search items related to work chosen