大原野千句連歌懐紙〈元亀二年二月細川藤孝筆/(金銀泥下絵科紙)〉 おおはらのせんくれんがかいし

 / 室町 / 近畿 

細川藤孝
室町/1571
11帖
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
勝持寺
国宝・重要文化財(美術品)

 細川藤孝(幽斎、一五三四~一六一〇)は、元亀二年(一五七一)二月、花の寺と称された洛西大原野の勝持寺で、聖護院門主道澄法親王、三條西実澄、飛鳥井雅敦、紹巴、昌叱等と共に千句連歌会を興行した。
 この連歌懐紙はその折のもので、百韻連歌十帖及び追加一帖の合わせて十一帖を原装のままに完存しており、金銀泥下絵に描かれた華麗な懐紙は室町時代の代表的遺品と認められる。

関連リンク

大原野千句連歌懐紙〈元亀二年二月細川藤孝筆/(金銀泥下絵科紙)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

連歌懐紙
連歌懐紙

里村紹巴筆

手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
私家集(色紙)
正中二年七夕御会和歌懐紙(十二通)
元徳二年七夕御会和歌懐紙(二十四通)
ページトップへ