文化遺産オンライン

連歌懐紙

れんがかいし

作品概要

連歌懐紙

れんがかいし

/ 室町

里村紹巴筆

室町時代・永禄元年(1558)

彩箋墨書

1巻

 藍や紫の打曇(うちぐもり)紙に金銀泥の下絵をほどこした料紙に、永禄元年(1558)3月23日に開催された連歌会(れんがえ)の第2を、里村紹巴が清書したものである。里村紹巴は安土桃山時代随一の連歌師として有名で、織田信長や豊臣秀吉らに近侍した。     

連歌懐紙をもっと見る

里村紹巴筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

連歌 / 里村 / 信長 / 紹巴

関連作品

チェックした関連作品の検索