宋版唐書〈列伝残巻/〉 そうはんとうじょ

 /  / 関東 

栃木県
南宋
足利学校遺蹟図書館 栃木県足利市昌平町2338
重文指定年月日:19760605
国宝指定年月日:
登録年月日:
足利市
国宝・重要文化財(美術品)

新唐書の南宋時代版本で、全二百二十五巻中、列伝に当たる巻七六~七九、九一~一三二、一四四~一七二、一九二~二二五の百九巻分二十二冊を存す。巻二百二十五末に北宋嘉祐五年(一〇六〇)六月の進呈表と鏤板頒行の中書箚子があるが、その刻工名は南宋初期の思溪版一切経及び紹興年間刊行の宋版本の刻工と一致し、かつ摺印も比較的鮮明であるから、南宋初期の再刊後まもない頃の摺印本と認められる。本書は現存する宋版唐書中最古の摺本と目されるもので、第十七冊及び二十二冊末尾に上杉憲実が足利学校に寄進した旨の墨書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

宋版唐書〈列伝残巻/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宋版漢書〈慶元刊本/(内六冊補配本)〉
晋書列伝巻第五十一零巻
論語集解板木
物語類并注釈書
今昔物語集
ページトップへ