能登の漆掻きおよび加賀・能登の漆工用具 のとのうるしかきおよびかが・のとのしっこうようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中部 

1,445点
指定年月日:19700730
管理団体名:
備考:内訳:漆掻用具き129点 髹漆用具482点 蒔絵用具776点 沈金58点
珠洲市
重要有形民俗文化財

石川県の能登では、室町時代から漆器が生産され、それに伴い漆の採取も盛んに行われてきた。能登の輪島塗は、日用の飲食器を中心に発達し、加賀蒔絵とも呼ばれる金沢塗は、美術的な漆器として盛んであった。この資料は、能登の漆掻きおよび輪島塗・金沢塗の髭漆・蒔絵・沈金の各種の用具を巨細にわたりまとめたものである。

関連リンク

能登の漆掻きおよび加賀・能登の漆工用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浄法寺の漆掻きと浄法寺塗の用具及び製品
北陸地方の木地製作用具
飛騨の山村生産用具
金沢の売薬製造・販売用具
秩父の山村生産用具
ページトップへ