秀衡椀 菖蒲文 ひでひらわん あやめもん

漆工 / 江戸 / 東北 

南部地方
江戸時代
黒漆に朱漆絵
Dm.14.1cm H.8.0cm

秀衡椀は東北の南部地方の代表的な椀のひとつで、寛政年間(1789-1801)の文献にすでにその記載がある。ある程度身分の高い家で上客の接客用として誂えたと思われる。秀衡椀の特徴は内側には朱漆、外側には黒漆地に朱漆で雲文、その合間に菊、松、鶴などが描かれ、菱形の金箔が施されていることである。古いものは三ツ重ねで時代が下がるに従って四ツ重ねになるといわれており、発見されているものはだいたい十組が一式になっている。

作品所在地の地図

関連リンク

秀衡椀 菖蒲文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

椿文巻煙草入
酒筒 松竹梅に鶴亀文
枝菊漆絵椀
雲龍文存星輪花食龍
朱漆七宝繋沈金花鳥漆絵御供飯
ページトップへ