能郷の能・狂言 のうごうののうきょうげん

その他の画像全9枚中9枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

岐阜県
指定年月日:19760504
保護団体名:能と狂言の保存会
備考:
重要無形民俗文化財

本巣郡根尾村能郷白山神社の四月十三日の祭りに演じられる能、狂言で、能には「翁」「高砂」「浪速」など、狂言では「百姓狂言」「餅酒」「たわけ婿」など二十二曲が伝承されている。能の舞は様式的な繰返しの型も多くあるが、「翁」の前に舞う千歳のことを露払いと呼ぶなど古風が残され、また万歳楽のくだりで願主の名を唱えながら舞うあたりは神事能の性格をよくあらわしている。演技・演奏法に地方的特色が顕著であり、中央の五流の能や狂言の影響を受けた点で、能楽の変遷過程を知る上に重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

能郷の能・狂言チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒川能
嵯峨大念仏狂言
一色の翁舞
嵯峨大念仏狂言
下長磯の式三番
ページトップへ