越中の稚児舞 えっちゅうのちごまい

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

富山県
指定年月日:19820114
保護団体名:加茂神社神事伝承会(稚児舞の部),明日稚児舞保存会,熊野神社稚児舞保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 わが国の民俗芸能には、舞楽、能楽、人形芝居、歌舞伎等が地方に伝播し、民俗化して定着し伝承されているものが多い。この民俗芸能化した舞楽の中で越中から越後にかけては稚児舞の型で伝承されているのが特色である。
 下村の加茂神社、宇奈月町の法福寺、婦中町の熊野神社に伝承されているそれぞれの稚児舞は、上方系の舞楽が地方化したもので、技法にその特色がみられるとともに、稚児が大人の肩車にのって舞台入りし、芸能の終了するまで土を踏まない禁忌の姿を伝承しているなど古い民俗行事的特色をもっており、稚児舞の典型例として貴重である。
 それぞれ社寺の祭礼、法会における芸能としてよく伝承されており、今後も変らず伝承されることが見込まれるので重要無形民俗文化財に指定し、正しく伝承を図っていきたい。
 下村加茂のそれは、加茂神社の秋祭りの折に境内の舞殿で稚児舞が演じられるもので、一般にはこの時の祭り囃子の音から転じた「カットンド」の名称で親しまれている。地内から選ばれた稚児四人(十一歳から十二歳程度)が舞うもので、舞いに先立ち稚児は祭り当番宿から大人の肩車に乗って村巡りをする。その後「鉾の舞」、「林歌【りんか】」、「小奈曽利【こなそり】」、「賀古【がこ】の舞」、「天【あま】の舞」、「胡蝶の舞」、「大奈曽利【おおなそり】」、「蛭子【えびす】の舞」、「陪【ばい】臚」の九曲が舞われる。京都下鴨の加茂祖【みおや】神社から伝来したものと伝えられている。
 宇奈月町明日のそれは、法福寺の観音会の折に境内に特設された舞台で、地内から選ばれた四人の稚児(十歳から十四歳程度)が演ずる…

作品所在地の地図

関連リンク

越中の稚児舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

加茂神社の稚児舞
白山神社舞楽
遠江森町の舞楽
天宮神社の十二段舞楽
糸魚川・能生の舞楽
ページトップへ