天宮神社の十二段舞楽 あめのみやじんじゃのじゅうにだんぶがく

その他の画像全7枚中7枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19761225
保護団体名:天宮神社十二段舞楽保存会
備考:遠江森町の舞楽 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

静岡地方に伝承されている地方化された舞楽の一種で、四月の第一土曜から日曜日に演じられる。天宮神社の拝殿前にある約四メートルの、高欄つきの舞楽殿が舞台となる。舞人は、稚児四人(十一、二歳)、中男(十五歳前後)、大人十人で、囃子には大太鼓・鉦・鼓・笛がつく。曲目は、延鉾(稚児二人)、色香(大人二人)、庭胡蝶(稚児四人)、鳥の舞(稚児四人)、太平楽(中男四人)、新靺鞨(稚児四人)、安摩(大人一人)、二の舞(大人二人)、抜頭【ばとり】(稚児一人)、蘭陵王(大人一人)、納蘇利(大人一人)、獅子伏(大人三人)の十二曲である。

関連リンク

天宮神社の十二段舞楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白山神社舞楽
小国神社の舞楽
天津神社舞楽
加茂神社の稚児舞
山名神社天王祭舞楽
ページトップへ