大須戸能 おおすどのう

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19991203
保護団体名:大須戸能保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 大須戸能は、大須戸地区の住民により伝承された能狂言で、山形県東田川【ひがしたがわ】郡櫛引町【くしびきちよう】黒川の黒川能の系統を引くものであり、現在は四月三日の八坂神社の春の例祭で神社の能舞台で演じられるほか、八月十五日には薪能【たきぎのう】としても公開されている。
 その起源は、弘化元年(一八四四)に大須戸を訪れ、庄屋の中山与惣右衛門【よそうえもん】家に滞在した庄内黒川の能役者蛸井甚助【たこいじんすけ】が、大須戸の村人に式三番および黒川能の下座【しもざ】伝承曲一五曲を教えたことに始まると伝えられ、嘉永四年(一八五一)以降は八坂神社での演能記録も残っており、少なくとも一五〇年以上の伝承が確認できる。また嘉永五年(一八五二)の古文書には、長年伝承してきた能衣装が破損したため神社に奉納を願う旨の記述がみられ、黒川能が伝わる以前にも、何らかの形で大須戸において能が行われていたとも考えられているが、現在の伝承は黒川能伝来以後のものしか確認されていない。
 さらに明治期に能一〇番と、狂言一二番も伝承され、現在は能二六番(式三番、脇能【わきのう】物五番、修羅【しゆら】物三番、雑能【ざつのう】物五番、切能【きりのう】物一二番)および狂言一一番が伝承曲となっている。このうち、儀式能として重んじられる式三番については世襲制がとられており、翁【おきな】は中山源左衛門家、千歳【せんざい】は中山栄作家、三番叟【さんばそう】は中山一万家が伝えている。
 大須戸能の特色としては、一語一語にナビキがつく謡や笛方が他の囃子方に対して直角の位置につくなど、黒川能の形態と…

関連リンク

大須戸能チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒川能
黒川能
下長磯の式三番
一色の翁舞
能郷の能・狂言
ページトップへ