鶴岡カトリック教会天主堂 つるおかかとりっくきょうかいてんしゅどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 東北 

山形県
明治/1903
木造、建築面積216.3m2、一階建、一部中二階、正面塔屋及び下足室、
背面香部屋付、桟瓦及び鉄板葺
1棟
山形県鶴岡市馬場町7番地40
重文指定年月日:19790521
国宝指定年月日:
カトリック新潟教区
重要文化財

三廊式バシリカ型平面をもつ木造の教会堂で、設計はフランス人神父、施工は日本人大工である。ロマネスクにゴシックを加えた様式になり、上品で清楚な意匠をもつ、東北地方における教会堂の一遺例として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

鶴岡カトリック教会天主堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江上天主堂
青砂ヶ浦天主堂
田平天主堂
旧山形師範学校本館
今村天主堂
ページトップへ