田平天主堂 たびらてんしゅどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 九州 

長崎県
大正/1918
三廊式教会堂、煉瓦造及び木造、建築面積459.90m2、
正面塔屋及び左右側面出入口付、桟瓦葺
1棟
長崎県平戸市田平町小手田免19番地19
重文指定年月日:20031225
国宝指定年月日:
カトリック長崎大司教区
重要文化財

田平天主堂は,長崎県北部,海峡を介して平戸島を西望する位置にある。設計及び施工は鉄川与助で,大正4年12月着工,大正7年5月14日に献堂式が行われた。
 木造及び煉瓦造の教会堂で,屋根は小屋組木造キングポスト・トラスの桟瓦葺である。主体部は三廊式バシリカ型の長方形平面で,重層の断面形式をそのまま現した正面中央に八角形ドームを戴く鐘塔を備える。
 長崎を中心に九州地方で建設された煉瓦造を主としたカトリック教会堂の最晩期に属し,重層構成にもとづく外観や内部空間など,最も整った姿をみせるものの一つであるとともに,意匠的にも優れている。
 司祭館をはじめ,門柱,石段,石垣などが残り,周辺の歴史的環境がよく保存されている点も貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

田平天主堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青砂ヶ浦天主堂
江上天主堂
今村天主堂
頭ヶ島天主堂
出津教会堂
ページトップへ