頭ヶ島天主堂 かしらがじまてんしゅどう

その他の画像全8枚中8枚表示

宗教建築 / 大正 / 九州 

長崎県
大正/1919
単廊式教会堂、石造、建築面積131.61m2、正面塔屋付、桟瓦葺
1棟
長崎県南松浦郡新上五島町友住郷638番地1
重文指定年月日:20011114
国宝指定年月日:
カトリック長崎大司教区
重要文化財

頭ヶ島天主堂は,五島列島中通島の東方にある長径2km余の小島にある。
 鉄川与助の設計,施工により,明治43年に着工,大正8年に竣工した。小規模ながら類例の少ない石造で,内外とも斬新な意匠をもち,長崎を中心に数多く残る離島,辺地の教会堂のなかでも傑出した遺構として,重要文化財に指定されている。
 境内地は,島北の入り江に面した小集落の奥,緩やかに傾斜する山裾の一段高い位置にひらかれている。天主堂の周辺には,石造の門柱一対をはじめとして,同時期の石垣,石段などもよく残り,いずれも丁寧な仕事になる。
 これらの工作物及び地勢を巧みに活かして造成された境内地は,周辺環境と一体となって良好な風致を形成しており,天主堂とともに保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

頭ヶ島天主堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青砂ヶ浦天主堂
田平天主堂
江上天主堂
今村天主堂
大浦天主堂境内
ページトップへ