江上天主堂 えがみてんしゅどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 九州 

長崎県
大正/1918
三廊式教会堂、木造、建築面積一六一・七六平方メートル、一階建、桟瓦葺
1棟
長崎県五島市奈留町大串郷1131番地
重文指定年月日:20080609
国宝指定年月日:
カトリック長崎大司教区
重要文化財

 江上天主堂は大正7年の建築で、鉄川与助の設計・施工になる。建物は、木造下見板張、切妻造桟瓦葺の三廊式教会堂で、玄関は身廊部の内側に設け、祭壇部の左右に香部屋を配し、廊下で繋ぐ。
 江上天主堂は、重層屋根構成、内部三層構成の木造教会堂であり、我が国における木造のカトリック教会堂建築のうち完成度の高い作品として、歴史的価値を有する。また、長崎県を中心に多くのカトリック教会堂を手がけた鉄川与助の代表的木造教会堂建築としても重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

江上天主堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青砂ヶ浦天主堂
田平天主堂
今村天主堂
旧五輪教会堂
頭ヶ島天主堂
ページトップへ