岩内東山円筒土器文化遺跡 いわないひがしやまえんとうどきぶんかいせき

集落跡 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文時代前期・中期
岩内町字東山2番地
中央バス東山バス停から徒歩5分、岩内町教育委員会 0135-62-0001
北海道指定史跡

・東山遺跡は、岩内町の南西部から東南部にわたる海岸段丘上にあり、縄文時代前期及び縄文時代中期のいわゆる円筒土器文化の遺跡で、この頃の日本海側にみられる遺跡としては大規模なものです。
・この遺跡からは、縄文時代前期の円筒土器下層式や縄文時代中期の円筒土器上層式の土器が出土しています。
・また、5軒の住居が検出されていますが、これによると直径5~10メートル前後の大きさで、方形または円形ないし楕円形に近く、床面は粘土で固められています。中には、直径50センチメートルぐらいの炉がみられるものもあります。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

岩内東山円筒土器文化遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩内東山円筒土器文化遺跡出土の遺物
サイベ沢遺跡出土の遺物
恵山貝塚
大船遺跡
大樹遺跡出土の遺物
ページトップへ