明石寺鐘楼堂 めいせきじしょうろうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

愛媛県
江戸/1830-1867
木造、瓦葺、面積9.2㎡
1棟
愛媛県西予市宇和町明石205他
登録年月日:20071002
登録有形文化財(建造物)

本堂の南東に位置し、基壇上に建つ。桁行1間、梁間1間、四方吹放ち鐘楼で、入母屋造、桟瓦葺とする。円柱は内転びに建て、三斗組で、中備にも平三斗を置き、二軒繁垂木とする。装飾を抑えた意匠とするが、軒の出が深く、入母屋屋根の反りが美しい。

作品所在地の地図

関連リンク

明石寺鐘楼堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明石寺本堂
明石寺手水舎
明石寺大師堂
明石寺仁王門
明石寺地蔵堂
ページトップへ