Yuuzen

友禅

Details

Yuuzen

友禅

染織

指定年月日:19550512

重要無形文化財

友禅染は江戸時代中期に大成された絵模様染で、その特徴は、糯糊による自由な描線と、華麗な色彩の効果にある。
 友禅染の技法は、その主産地であった京都をはじめ、金沢、東京等に発達し、今日においても、わが国の服飾における華やかな面を代表する染織技法としての地位を占めている。わが国の染織工芸技術のなかでも、歴史上、芸術上特に価値の高いものである。

Related Works

Search items related to work chosen