植山古墳 うえやまこふん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 近畿 

奈良県
橿原市五条野町
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

植山古墳は,奈良盆地南端の甘橿丘から伸びる丘陵の西端に位置する,東西約40m,南北の現存長約27mの大型方墳である。植山古墳の西約500mには,大型前方後円墳である史跡丸山古墳,また南東約700mには史跡菖蒲池古墳が位置するなど,周辺は6世紀から7世紀の有力古墳が集中する地域である。平成12年度の橿原市教育委員会による範囲・内容確認調査により,古墳の内容が判明した。
 古墳は丘陵の南斜面を掘削して窪地を造り出し,そこに封土を積み上げて築造し,北辺と東西辺に周壕が巡る。周壕の底には,幅約1m,厚さ約0.6mの石敷きが施されている。主体部は,東西に並ぶ2基の大型横穴式石室で,いずれも南に開口する。両石室とも上面は盗掘により破壊され,天井石と壁上部の積石が取り去られている。東石室は花崗岩を3段以上積み上げた両袖式の石室で,全長約13m,玄室長約6.5m,玄室幅約3.2mである。玄室内に阿蘇溶結凝灰岩製の刳り抜き式家形石棺が置かれる。西石室も花崗岩を用いた両袖式の石室である。全長約13m,玄室長約5.2m,玄室幅約2.5mで,主軸が墳丘の主軸よりやや西に偏る。玄門部の床には,扉を設置する軸穴を持つ閾石が置かれ,石製の扉で開閉されていたと考えられる。石室の特徴,墳丘と石室との切り合い関係から,これらの石室には築造に時期差があり,東石室は6世紀末に築造され,その後西石室が7世紀初頭に追加されたと考えられる。石室の南側は,地山の削り出しと置き土による整地を行い,2段の平坦なテラス面を造り出している。
 また,周壕の北には古墳を区画するように掘立柱列(塀あるいは柵)が置か…

作品所在地の地図

関連リンク

植山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二子塚古墳
中山荘園古墳
金山古墳
大和古墳群<BR/> ノムギ古墳<BR/> 中山大塚古墳<BR/> 下池山古墳<BR/>
大野窟古墳
ページトップへ