大内義隆寄進状 おおうちよしたかきしんじょう

文書・書籍 / 室町 / 山口県 

大内義隆 (1507~1551)
おおうちよしたか
山口県
天文19年12月18日/1550年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦33.6、横44.9(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
善福寺(萩博物館保管)

萩という地名が表記されたものとしては現存最古の文書。大内義隆はこの文書により、善福寺の僧元鹵桂本によって開発された萩三角州内の田地1町を安堵した。臨済宗の善福寺は永享年間(1429~40)、指月山麓に創建されたといわれ、戦国時代に元鹵桂本によって再興された。指月山麓に居館を構えていた吉見正頼は、天正16年(1588)に没して同寺に葬られたが、毛利輝元が指月に居城を築くにあたり、三角州東南の川島に移された。

作品所在地の地図

関連リンク

大内義隆寄進状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大内義隆袖判安堵状并大内義長袖判下文
萩藩明倫古館之図
長門国阿武郡萩 松平千代熊居城
旧萩藩明倫館之図
指月山
ページトップへ