定窯柿釉金銀彩牡丹文碗 ていようかきゆうきんぎんさいぼたんもんわん

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 /  / 関東 

東京都
北宋
素地はわずかに鉄分を含んだ半磁胎、これに失透性の光沢のある柿釉がかゝり、高台は素地をあらわしている。内面口縁にそって帯状に銀彩が施してあるが、土中で酸化して暗黒色に化し…
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

北宋時代の作品。

作品所在地の地図

関連リンク

定窯柿釉金銀彩牡丹文碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

定窯柿釉金彩蝶牡丹文碗
定窯白磁金彩雲鶴唐草文碗
青磁鉢
越州窯青磁四耳壺
染付魚藻文壺
ページトップへ