蒟醤 きんま

その他の画像全2枚中2枚表示

漆芸 

指定年月日:19850413
重要無形文化財

蒟醤は、漆芸の加飾【かしよく】(装飾)技法の一つである。漆の塗面に剣【けん】という特殊な彫刻刀で文様を彫り、その凹みに色漆【いろうるし】を埋めて研ぎ出し、磨き仕上げるもので、線刻の美しさが発揮される。中国の古代漆器の線刻技法が東南アジアに伝播し、タイ・ミャンマーの漆器の加飾技法として定着したものとみられる。
 わが国では、江戸末期に讃岐国【さぬきのくに】で活躍した漆芸家・玉楮象谷【たまかじぞうこく】が蒟醤技法を積極的に活用したので、以後、高松には伝承者が多く、名匠が生まれている。

関連リンク

蒟醤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沈金
籃胎蒟醬茶箱「春風」
蒔絵
蒟醬技術記録 (1)盆
螺鈿
ページトップへ