鹿児島紡績所跡 かごしまぼうせきじょあと

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 九州 

鹿児島県
鹿児島市吉野町
指定年月日:19590225
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

島津氏は洋式紡績工場の建設を計画し、慶応元年渡英した新納久修、五代友厚をして、英国において所要の機械を購入せしめ、また英人技師を招聘することにした。翌2年11月、技師の到着をまって工場の建築に着手、翌3年正月、機械到着、工務長等も来朝した。かくて同年春技師の住宅、いわゆる異人館が営まれ、5月には工場も竣功した。工場は廃藩後も稼動、明治30年に及んだが、いますべて失われてしまった。
異人館は工場の西方に近く設けられ、建坪104坪余、木造2階建である。のち大砲製造支配所となり、ついで明治17年他に移され、昭和11年に原形のまま旧位置にかえされたが、よく旧態をとどめていて、幕末における藩営興業、洋式技術導入のあとを徴すべき遺跡として学術上貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

鹿児島紡績所跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧集成館  附寺山炭窯  関吉疎水溝
竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉
旧富岡製糸場
旧集成館機械工場
薩州鹿児島見取絵図
ページトップへ