海浜千羽鶴模様振袖 かいひんせんばづるもようふりそで

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代後期/19世紀
藍綸子地 鹿の子絞り
丈162.5cm 裄61.5cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2204.30
大海原に漕ぎ出す帆船、広がる松原、大空に舞う鶴を総鹿の子絞りで表した振袖。総鹿の子絞りの技法は江戸時代前期より見られるが、江戸時代後期には豪商の若い娘の衣裳や婚礼衣裳として人気を博したようである。

旧カネボウコレクション、旧長尾コレクション

作品所在地の地図

関連リンク

海浜千羽鶴模様振袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅樹模様振袖
梅樹模様振袖

作者不詳

麻の葉竹模様振袖
鶴亀花入菱繋模様小袖
籬菊模様小袖
籬菊模様小袖

作者不詳

熨斗雪輪模様小袖
ページトップへ