松笹几帳模様振袖 まつささきちょうもようふりそで

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代後期/19世紀
紅綸子地 鹿の子絞り・刺繍
丈 160.8 cm 裄 63.1 cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2204.44

松・笹・梅と几帳を組み合わせた振袖。几帳は宮廷の伝統文化を懐古させるものでもあり、江戸時代には吉祥のモチーフの一つとされた。紅地に鹿子絞りで風雅な几帳が表され、金糸と色糸で松・笹・梅が艶やかさを添える。吉祥模様に溢れた振袖は、華麗な祝宴を演出したことであろう。

旧カネボウコレクション

作品所在地の地図

関連リンク

松笹几帳模様振袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅樹熨斗蝶模様振袖
梅樹模様振袖
梅樹模様振袖

作者不詳

鶴亀花入菱繋模様小袖
梅樹熨斗蝶模様振袖
梅樹熨斗蝶模様振袖
ページトップへ