松絹巻物模様打掛 まつきぬまきものもよううちかけ

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代後期/19世紀
白綸子地 鹿の子絞り・刺繍
丈 147.8 cm 裄 62.2 cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2205.119
重厚な絹巻物と枝ぶりのよい松樹が豊かな富を象徴する打掛。古来より貴重な染織品は贈答品や拝領品として尊ばれ、寿福を表す吉祥模様としても知られる。松葉や枝を形どる金糸が祝賀の豪華さを演出する。
旧カネボウコレクション

作品所在地の地図

関連リンク

松絹巻物模様打掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綾杉葵詠文字模様打掛
花車模様打掛
花車模様打掛

作者不詳

梅樹熨斗蝶模様振袖
梅樹熨斗蝶模様振袖
松笹几帳模様振袖
ページトップへ