綾杉葵詠文字模様打掛 あやすぎあおいうたいもじもよううちかけ

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代中期/18世紀
白綸子地 鹿の子絞り・友禅染・刺繍
丈150.0cm 裄61.6cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2205.54
葵と綾杉模様に詠文字をあわせた打掛。力強い綾杉模様に優雅な葵模様が絡まるように満ち溢れる。金糸で重厚に刺繍された「長」「生」「殿」「春」「秋」の詠文字は『和漢朗詠集』の「長生殿の裏には春秋富めり 不老門の前には日月遅し」に由来する。彩り豊かな装飾美は着装者の美・教養・財力を際立たせたであろう。

旧カネボウコレクション、九鬼家伝来

作品所在地の地図

関連リンク

綾杉葵詠文字模様打掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松絹巻物模様打掛
花車模様打掛
花車模様打掛

作者不詳

菊花几帳模様小袖
草花滝楓模様小袖
桐樹霞模様小袖
桐樹霞模様小袖

作者不詳

ページトップへ