長生殿蒔絵手箱 ちょうせいでんまきえてばこ

工芸  陶磁 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉/13-14世紀
高17.9 縦23.5 横37.9
一合
重文

 『和漢朗詠集』巻下 祝の部 慶滋保胤の詩、「長生殿裏春秋富 不老門前日月遅」を意匠化した図柄である。長生殿は中国唐代の華清宮の宮殿のひとつであり、不老門は落陽城門のひとつである。長正殿の詩は、天子の万歳長久を慶賀したものであるが、一般にも祝の句として、絵画や工芸の主題に多くとり上げられている。研出蒔絵と高蒔絵で、「長・生・殿云々」の文字や日月と梅花を銀の金貝で表している。

作品所在地の地図

関連リンク

長生殿蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綾杉葵詠文字模様打掛
長生殿蒔絵手箱
砧蒔絵硯箱
菊蒔絵手箱
婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
ページトップへ