麻の葉竹模様振袖 あさのはたけもようふりそで

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代後期/19世紀
紅綸子地 鹿の子絞り
丈159.5cm 裄61.4cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2204.29
総鹿の子絞りで麻の葉と竹を表した豪奢な振袖。裾から肩に向かって伸びる竹と地模様のように配された麻の葉は共に吉祥を意味し、若い女性が晴れの日に着用するに相応しい。模様は鹿の子絞りで精緻に表現されており、熟練した職人技に圧倒される。

旧カネボウコレクション、旧長尾コレクション

作品所在地の地図

関連リンク

麻の葉竹模様振袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅樹模様振袖
梅樹模様振袖

作者不詳

海浜千羽鶴模様振袖
鶴亀花入菱繋模様小袖
松笹几帳模様振袖
熨斗雪輪模様小袖
ページトップへ