文化遺産オンライン

木造菩薩半跏像

もくぞうぼさつはんかぞう

作品概要

木造菩薩半跏像

もくぞうぼさつはんかぞう

彫刻 / 平安

平安時代

木造

像高68.6

1軀

奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50

国(文化庁)

右足を踏下げて坐る菩薩像である。作風は全体に平安後期風をとどめながら、みずみずしい肉付けや衣文の自然な流れに新時代の息吹が感じられる。12世紀後半の奈良仏師の手になると推定される美作であり、鎌倉彫刻様式の成立を知るうえで貴重な資料である。

木造菩薩半跏像をもっと見る

国(文化庁 美術工芸品)をもっと見る

キーワード

/ 菩薩 / 平安 / 奈良

関連作品

チェックした関連作品の検索