初代豊国 市川市蔵 しょだいとよくに いちかわいちぞう

その他 

歌川豊国
うたがわとよくに
寛政2年~文化元年
大判錦
1枚

初代豊国(1769~1825)の描く歌舞伎役者市川市蔵。衣装に直線を多用することで豪放さと躍動感や威厳を表し、一方で全体にメリハリ効果を得る。中野区内旧名主家伝世品。

作品所在地の地図

関連リンク

初代豊国 市川市蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

初代豊国 関三十郎
沢村納升の小野道風 片岡市蔵のとっこの駄六
双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

国貞 玄徳雪中訪孔明
役者舞台之姿絵 高らいや 三代目市川高麗蔵の千崎弥五郎
ページトップへ