旧礒乃屋離れ座敷(茶室) きゅういそのやはなれざしき(ちゃしつ)

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

山口県
明治/1868-1911
木造平屋建、瓦葺、建築面積44㎡
1棟
山口県光市室積5-3-20
登録年月日:19991014
登録有形文化財(建造物)

明治後期に主屋北側に増築された角座敷から浜側にのびた渡り廊下で繋がれる。瓦葺入母屋屋根の三方に庇を回した構成をとり,4畳半の茶室を中心に,北側に3畳間と便所を設ける。上質で端正な造りの離れ座敷で,主屋との間に程良い中庭的空間をつくっている。

作品所在地の地図

関連リンク

旧礒乃屋離れ座敷(茶室)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧礒乃屋釜屋
西尾家住宅茶室
森川家住宅書院
村上家住宅離れ
旧杉本家住宅離れ座敷
ページトップへ