石室善玖墨蹟 寒山詩  せきしつぜんきゅうぼくせき かんざんし

 / 南北朝  室町 / 日本 

石室善玖 (1293〜1389)
せきしつぜんきゅう
日本
南北朝~室町時代
紙本墨書
縦35.4㎝ 横83.2㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-130
根津美術館
重要美術品

唐の散聖のひとり寒山の五言律詩を記したものである。筆者石室善玖は、25歳で入元して諸尊宿に参じ、ついに金剛幢下に入って茂古林の法を嗣いだ。8年ののち帰国、京・鎌倉の諸大寺の主となり、備後の康徳寺や武蔵の平林寺(もと岩槻、いま野火止にある)を開いた。康応元年(1389)に96歳の長寿を得て円寂。
その書風はのちの王鐸(1592〜1652)に似て晋唐に近く、師古林清茂のそれに雅致を加えたものといえようか。代表的な遺墨は、法兄月林道皎十三回忌に際しての拈香語や、そのとき後光巌院より賜った勅額に対する祝祷語(貞治2年・1363)であろう。いずれも威風堂々たる大墨跡である。
本幅はそれらに比して、内容的には軽いものであるが、かえってそのためか、師の枯淡な風格が全紙に溢れている。

作品所在地の地図

関連リンク

石室善玖墨蹟 寒山詩 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古林清茂墨蹟 「与月林道皎偈」
偈頌
偈頌

石室善玖筆

古林清茂墨蹟〈与無夢一清偈/泰定四年至節後三日〉
月礀文明墨蹟 拈香語
石室善玖墨蹟〈大梅山清凉塔院/掛御書額仏事語〉
ページトップへ