縄衣文殊像 じょうえもんじゅぞう

絵画 / 南北朝 

石室善玖賛
南北朝時代・14世紀
紙本着色
59.6×27.5
1幅
銘文:石室善玖賛

縄衣文殊は文殊の霊地、五台山(中国山西省)に北宋時代の元豊年間(1078~86)に現れたと伝えられ、草衣文殊ともいう。嵐の中、蒲を身にまとった童子の姿で呂恵卿(北宋の政治家)の前に現れ、迷いをさとらせたという。石室は入元僧で古林清茂の弟子。
ルビ:そうえ がま りょけいけい くりんせいむ(20150407_h033)

作品所在地の地図

関連リンク

縄衣文殊像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三大字「旧劫庵」
三大字「旧劫庵」

石室善玖筆

文殊菩薩及び眷属像
法語
法語

石室善玖筆

文殊菩薩像
釈迦三尊像
ページトップへ